熟年離婚における年金分割試算額

熟年離婚における年金分割試算額

離婚を考えている熟年世代の人にとって、離婚後の年金分割は興味があることだと思います。

しかし、その金額はいくらになるのか、まったく見当がつかいですよね。

実は社会保険庁に行くと分割後の年金額を教えてもらうことが可能なのです。 そういうことで一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

社会保険庁の離婚時の厚生年金の分割制度について

調べるときに必要なのは「年金手帳」、「戸籍抄本か戸籍謄本」の2つです。これを提出することで受給額を知ることが可能となります。

また年金の試算額を知りたい場合は50歳以上であれば希望者に対して教えてくれるそうです。

また、教えてもらう試算額の種類は分割をしない場合の試算額、半分の割合で分割をした場合の試算額、好きな割合で分割した場合の試算額の3種類のパターンとなります。

また、この試算額は離婚前の状態であれば希望者に対してのみ通知しますが、離婚後はどちらかが希望した場合に両方に通知することが可能です。

しかし、描いているような多額のお金が年金分割で得られる訳ではないので、一度社会保険庁で試算額を出してもらい離婚するかしないかを再検討してみるのもいいのではないでしょうか。

それにより慰謝料や財産分与なども合わせて生活していけるかどうかなど自分なりの見積もりを立ててみてもいいのではないかと思います。

どちらにしても専業主婦の場合、かつ熟年離婚の場合、女性側が離婚後の生活が苦しくなると思います。

離婚したら今よりもっと辛い状況になったというのでは何の意味もありません。

そうならないためにも事前に準備するなどしておいた方がいいと思います。