熟年離婚の意味合い

熟年離婚の意味合い

「熟年離婚」という言葉を耳にすると、まるで高齢者の方が離婚するときに指す言葉のようなイメージがあります。しかし現実はちょっと違うようなのです。 熟年離婚というのは結婚して20年以上経っている夫婦が離婚することを指している言葉です。決して年代を指しているという意味ではなさそうです。 長年生活を共にして連れ添ってきた夫婦では年月を重ねてくるほど結婚生活が熟してきます。 その頃長年積み重なってきた不満に耐えきれなくなって「離婚」という最終形を取るようです。それが「熟年離婚」の大きな意味合いのようです。 しかし、昔は今のように「熟年離婚」は多くはなかったようです。なぜなら年金などの金銭問題があったからです。今までの離婚は、仕事をしていない方(妻の場合が多い)が損をすることになります。 離婚後の生活に支障をきたすということがあるので離婚を踏みとどまっている場合が多かったのですが、今は「財産分与」という制度ができたことから離婚に踏みきりやすくなったように感じます。 嫌な話ですが「熟年離婚」を視野に入れて生活設計をしている方もいるとかいないとか。嫌な話ですね。 離婚の慰謝料は精神的苦痛に対して支払われる賠償請求額のことですが、熟年離婚の場合は結婚生活が長い分その苦痛も積み重なっていると思います。 例えば今まで仕事でほとんど家にいなかったご主人が定年退職を機に長く家にいるようになります。それで妻がストレスを貯めてしまい離婚をすると言った話をよく聞きます。 この場合は妻の勝手な感情だけで決断した離婚ですので慰謝料と言うのは取れません。 しかし、その家にいるときにご主人から言葉や態度で苦痛を与えられているのであれば、充分慰謝料請求の対象になると思います。