熟年離婚と年金

熟年離婚と年金

昨今は女性の社会的な自立化が進んでいるのも手伝って、熟年離婚というのも昔よりは増えてきている傾向にあるようです。

しかし、一時的にその熟年離婚が減少した時期がありました。大きな要因のひとつとも言えるのが「年金分割」制度です。

平成19年4月からは離婚時における年金分割が始まり、翌年の平成20年4月からは離婚時における厚生年金分割が始まりました。

今までのシステムではサラリーマンの夫は厚生年金に加入していましたので、 結構な額の老齢厚生年金が支給されます。しかし、専業主婦の妻には国民年金しか支給されず支給額には格差がありました。

しかし、働く夫を家の中で支えてきた妻の貢献度が全く反映されていないことや、高齢の独身者における国民年金だけの生活の貧困振りが社会問題になっていることも考慮されるようになってきました。

そこで婚姻期間中に支払った厚生年金を分割して支払うという年金分割制度が制定されたと言うことです

この制度が施行される時期を見計らって離婚するケースが増えたこともあり、施行前の一時期は熟年離婚が減少したということです。

この年金分割制度は結婚20年を越えた熟年夫婦にとても関心が高く、この制度導入後に熟年離婚件数が増えると考える人は7割強と多くの方が考えているようです。

また、年金分割制度を知っている方は熟年世代になればなるほど割合が増え、男性よりも女性の方がこの制度に対して好感触を得ていることが分かりました。

以上のことから考えても高齢者、熟年世代の人にとても関心が高いと言うことが分かりました。