熟年離婚と慰謝料について

熟年離婚と慰謝料について

離婚の際に慰謝料が支払われるというケースがあります。しかし、これは全ての離婚において当然支払われるものではありません。

慰謝料が支払われのは、離婚原因を作った(夫でも妻でも)方が苦痛を味わった相手(配偶者)に対して損害賠償金として支払うというケースです。

簡単な例を挙げると「性格の不一致」だけが理由の離婚では慰謝料が発生するケースは少ないです。
「浮気」が理由の離婚なら慰謝料が発生するケースは多くなるといった感じです。

離婚に際する慰謝料の取り決めですが、調停や裁判により第三者によって決められる場合と、当事者が協議して決める場合があります。

調停や裁判の場合は、慰謝料に関しても金額や支払い方法などをきちんと取り決めしてもらえますが、協議離婚の場合は双方の話し合いで決められる場合が多いです。

熟年離婚の場合は長年に渡って、色々な理由が積み重なって離婚したいというケースになる場合が多いです。そうなると特別にこれだという際立った理由がなく、離婚理由としても曖昧になる場合が多くなるかもしれません。

そうならないために、離婚するしないに関わらず精神的、肉体的に苦痛を感じるようなことを日常的にメモをとっておくといいかもしれません。

また、メモだけではなく浮気などの証拠になるようなものも状況証拠として保管しておくようにしましょう。

離婚してからの生活というのは苦しくなると思います。特に熟年離婚だと就職も難しいと思いますので、生活費の確保が重要になってきます。

ですから離婚する際はできるだけ多額の慰謝料をもらうようにし、支払いが滞らないよう一括で支払ってもらうことも大切だと思います。

最近まで熟年夫婦の離婚率は減少傾向にありましたが、2007年4月を境に増加しているようです。

原因は年金分割制度の導入にあると考えられていて、この制度を待って離婚に踏みきった夫婦が多いということが言えます。

また熟年離婚予備軍も多くいそうで団塊の世代の人たちがこれにあたるとされていて、ますます離婚する夫婦は増えるのではないかと考えられています。

この制度は今までのシステムとは違い旦那の年金を分割して受け取れると言うもので、熟年世代が離婚して新しい人生を踏み出すための手助けになりそうな制度です。

だからと言って決して離婚を進めている訳ではないので誤解しないでくださいね。

また、その他離婚に伴って慰謝料を受けとることができます。

離婚の原因となる事柄に対する精神的苦痛に対しての金銭的な賠償のことを離婚の慰謝料と言います。

どういうことが離婚の原因になって慰謝料の対象になるかと言うと例えば浮気、暴力、生活費を入れないなどがあげられると思います。よく言う性格の不一致なんかはあまり慰謝料の対象にはならないケースが多いと思います。

また、離婚の慰謝料ですが精神的苦痛をお金に換算するのは難しく一概にいくらとは言えませんが200万?300万位が相場の金額ではないかと思います。

しかし、熟年離婚の場合はちょっと変わって婚姻期間の長さ、相手の社会的地位の高さからみて、若い夫婦よりはもう少し慰謝料が高くなるのが相場です。 300万から500万位が相場の金額ではないでしょうか。