50代の熟年離婚

50代の熟年離婚

結婚して20年以上経っているのであればすでに熟年夫婦として見なされます。

そこで50才代の夫婦というのは熟年夫婦に差し掛かるか、それとも差し掛からないか、 微妙な年数になっている夫婦が多いと思います。

子供がいる場合は、一番上の子供は社会人になったかならないかですね。 社会人になったら手が離れたといえますが、2人以上の子供がいる場合は、まだ学生の子供がいる場合もあります。これからしばらくはお金がかかる子供を持っているといえますね。

しかし、現在の日本は、すでにバブルは崩壊し終身雇用もなんの保証もなくなり、突然リストラされたなんてケースも決して珍しくはないと思います。

今の若い人であれば男女雇用均等法などもあり、女性でも生活力がある人も多いですが、 これが50歳代の女性となるとそうも行きません。

この世代の人は自分よりも夫をたて、支え、夫の出世が夢と言うように専業主婦の人が多いと思います。 それが急にリストラされ収入も無くなったとなったらショックはかなり大きなものだと思います。

生活が安定していたからこそ成り立っていた結婚生活が、 不安定になってしまうことにより精神的にも不安定になってしまう可能性があります。

そこで考えられるのが「離婚」という二文字だと思います。

しかし今まで専業主婦でいた女性が離婚をすることでさらに生活が苦しくなる可能性が大いにあります。

就職も社会経験があまりない場合はなかなか難しいと思います。 ですから慰謝料や財産分与などをしっかりする必要があるのです。

感情にまかせて離婚を突っ走らず、冷静に考えて結論をだしていくのがいいと思います。