熟年離婚の背景

熟年離婚が社会現象になった背景

近年は熟年離婚をテーマにしたドラマがテレビで放送されるなどして、マスコミでも取り上げる機会が増えました。今や熟年離婚は社会現象ということになりました。

社会現象になっているからということで、私も乗り遅れないように離婚しなくちゃと、飛躍した考えを持つ人はいくらなんでもいないと思います。

しかし、今まで家や夫や子供のために我慢の連続で生活してきた人が、このようなドラマを見たり、最近の自分の生活と照らし合わせてみることもあるでしょう。

ひょっとして、離婚するとこんなにいい人生が開けるかも、今とは違った人生を歩みたいと思いが強くなり、離婚を触発されるケースが多くなるのは間違いないと思います。

今までは離婚をするとしても、離婚後に収入が無いなどの生活苦が考えられていたので、なかなか踏み切ることはできなかったかもしれません。

また慰謝料や財産分与など熟年離婚をする人にはある程度額をもらえるような年代だとも思います。

さらに離婚に対して追い風を受けているのが「年金分割制度」です。今まではまさか熟年世代になってまで離婚するとは想定もしてなかったせいか、年金に対して女性に不利な制度できていました。

しかし最近この年金制度が改定され、夫婦の年金を足して最大でも均等に分割してお互いに支払われるという制度ができました。

ただし分割される年金は厚生年金のみ対象となりますので注意が必要ですが、今までとは格段に差が出てくる制度だと思います。

この制度が後押しとなって離婚が増加していると言ってもある程度間違いではないと思います。

離婚後は何かとお金は必要です。年金だけではなく慰謝料や財産分与の点でもよく考えていく必要があると思います。