高齢者の離婚

高齢者の離婚

最近では高齢者の離婚が年々増えてきているようです。

一昔前の話しではたとえ浮気をしていたとしても「浮気は男の甲斐性」ということで我慢したり、「放っておけばいつか戻ってくるだろう」とか言って結局は離婚しないことが普通でした。つまり女性が我慢して離婚しないケースが多かったようです。

しかし、最近では「老後をこの人と二人きりで過ごしていけるのかしら」そして「子供もみんな結婚して手が離れたし、この先、私は残りの人生自由に生きていきたいわ」というように離婚を考えているケースが増えてきているようです。

ではなぜこの先の老後を夫と二人きりで過ごせなくなってきているのかと言うと、やっぱり大きな原因には「浮気」が挙げられているそうです。

これから夫婦二人水入らずで生活していこうと思っていた矢先の夫の裏切りはきっと耐え難いものがあると思います。

最近は高齢化社会になってきている為、定年を過ぎてもまだ20年から30年は老後の生活として過ごしていかなければならないですよね。相手に対する信頼が無くなってしまった以上、そんなに長い年月を共に過ごして行くのは決して耐えられるものではないと思います。

近年、年金も財産分与の一つとして離婚時に支払われるという制度ができました。それで離婚も以前に比べれば踏みきりやすくなったと言ってもいいかもしれません。

ただ、離婚後生活能力がないと苦しい生活を余儀なくされてしまいますので安易に離婚と言わず、よく考えて行動するようにしましょう。

お金お金とあまり言いたくはありませんがお金がないと実際苦しいですもんね。